カラダの不思議と書道の魅力 応用編  書家武田双鳳withバランストレーナー小関勲

  • 武田講師(左)小関講師
  • ©双鳳道場
  • ©双鳳道場
  • 小関 勲(バランストレーナー)
  • 武田 双鳳(書道家)
講師詳細

応用編では「形」(バランス)に着目します。「の」という単純な字でも、カラダのバランスの乱れは如実に表れます。骨盤の過剰な傾きで「の」がつぶれたり、首肩の過緊張で「の」は傾いたりします。書が示すカラダのバランスの乱れを、努力や頑張りではなく、ただヒモを巻くだけで整え、最後は、それぞれの書作品を気持ちよく仕上げます。(武田講師)
基礎編で気づかず形骸化していた枠(思い込みや癖)を外した上で、改めて書に向き合ってみます。書く上で前提となるカラダのバランスや動き方を中心に見ていきたいと思います。武田先生の書に対するエッセンスを凝縮してお伝えします。全体を把握するため、なるべく基礎からご参加頂ければと思います。(小関講師)

この講座は終了しました
日程
2019/10/22
曜日・時間
火曜 15:00~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,050円 一般 6,490円
持ち物など
◎受講に必要なもの  
教材費:1,500円(半紙、墨汁)指定のもの以外不可
筆レンタル:500円(指定職人こだわりの熊野筆)指定のもの以外不可
応用は色紙 300円
 以上は当日教室でお支払いください。
下敷きは講師が用意いたします。文鎮、硯はカルチャーセンターの備品を使用していただけます。
◎当日は動きやすい服装でお越しください。
その他
基礎編受講者が対象です。
書を書く時は、書初めのように床に半紙を置き書きますので、動きやすい服装をおすすめします。

講師詳細

小関 勲(コセキ イサオ)
小関アスリートバランス研究所(Kab Labo.)代表、Marumitsu BodyBalanceBoardデザイナー。1973年山形県生まれ。1999年から始めた「ボディバランスボード」の制作・販売をきっかけに多くのオリンピック選手、プロスポーツ選手に接する中で、緊張と弛緩を含む身体全体のバランスの重要さに気づき指導を開始。その身体全体を見つめた独自の指導は、多くのトップアスリートたちから厚い信頼を得て、現在は日本全国で指導、講演、講習会活動を行っている。著書『[小関式]心とカラダのバランス・メソッド(Gakken刊)』平成12~15年度オリンピック強化委員(スタッフコーチ)。平成22~25年度オリンピック強化委員(マネジメントスタッフ)。日本体育協会認定コーチ、東海大学医学部客員研究員・共同研究者、日本韓氏意拳学会中級教練。WEB site http://www.m-bbb.com/ http://www.kablabo.com/
武田 双鳳(タケダ ソウホウ)
書道家、アーティスト、パフォーマー、ふたば書道会師範。心身のあり方から整える書道教室には、全国各地から150名以上の門下生が集う。