作庭家とたのしむ春の京都御所庭園

  • 重森千靑講師
  • 重森 千靑(作庭家・庭園史研究家)
講師詳細

「御所」と呼ばれ、親しまれる京都御苑は、街の中心にありながら、豊かな自然に恵まれています。794年に平安京が遷都された際の大内裏は、現在の千本通のあたりにありましたが、いまの御苑の位置に、平安時代の藤原良房の邸(染殿)や藤原道長の邸宅、土御門邸があり、『源氏物語』に描かれる貴族の屋敷は、苑内にあった邸宅をモチーフにしたといわれます。令和の時代も、四季折々の自然を楽しめる京都御苑。その中の御所庭園を、庭園史に詳しい、作庭の専門家の解説で鑑賞しましょう。

雨天決行です。
11時までに京都御所「清所門」にご集合ください。10時35分までに京都市営地下鉄「今出川」駅南改札口(有人)にお集まりの方は、係員がご一緒に集合場所へ参ります。

お申し込み
日程
2020/3/13
曜日・時間
金曜 11:00~12:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,520円
教材費(税込)
イヤホン代 730円
持ち物など
3月5日(木)までにご入金をお願いいたします。
ご連絡は、月~土曜9:30~18:30(06-6222-5222)へお願いします。
その他
受付でお手続きされる方は、ちらし33をご確認ください。雨天決行です。
11時までに京都御所「清所門」にご集合ください。10時35分までに京都市営地下鉄「今出川」駅南改札口(有人)にお集まりの方は、係員がご一緒に集合場所へ参ります。

講師詳細

重森 千靑(シゲモリ チサヲ)
当代庭園学の第一人者重森三玲を祖父に持ち、父も作庭家という家庭に育つ。日本庭園についての著述、講演、講師活動ならびに日本全国にて庭園の設計に携わる。1991年、ロンドンを中心にして開かれたジャパンフェスティバルの一環事業として<ロンドン京都庭園>の作庭派遣団の一員として、ロンドン市内のホーランドパークにて日本庭園の作庭に従事。現重森庭園設計研究室代表。京都工芸繊維大学非常勤講師。