【教室受講】2022年を展望する  国際情勢、米中、日本の今後
  • 教室開催

  • 簑原 俊洋(神戸大学大学院教授)
講師詳細

コロナ禍における感染拡大の収束がなかなか見えない中、今後の世界はどこへ向かっているのでしょうか。来年は中国で冬季五輪、他方のアメリカは一年後に中間選挙が控えており、バイデン政権に対する審判が下されます。こうした状況を踏まえ、国際政治・安全保障の専門家が、歴史の韻を念頭にしつつ、米中関係の行方、日本の取るべき対応について紐解きます。

お申し込み

注意事項

本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。
こちらは教室受講用の受付になります。オンライン受講はこちらからお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nakanoshima/df24d954-f1ac-d765-5a28-610d01079b07
【教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。】

日程
2021/11/13
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,520円
設備費(税込)
110円
持ち物など
持ち物:筆記用具、資料をお配りする場合、実費をいただきます。

講師詳細

簑原 俊洋(ミノハラ トシヒロ)
1971年生。神戸大学大学院法学研究科教授。カリフォルニア大学デイビス校卒、神戸大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。日本学術振興会特別研究員を経て、1999年より神戸大学法学部助教授、2007年より現職。