核時代を終わらせるために 日米関係と核兵器禁止条約発効【オンライン講座】

  • 田井中 雅人(朝日新聞横浜総局記者)
講師詳細

2021年1月、核兵器禁止条約が発効しました。広島・長崎への原爆投下から始まった核時代の終わりの始まりになるとの期待が、世界中で高まっています。しかし、唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶を訴える日本政府は、この条約に背を向けたまま、アメリカの「核の傘」にしがみついているようです。講座では、核兵器禁止条約発効の歴史的意義と、発効から半世紀を過ぎた核不拡散条約(NPT)の現状、またアメリカのバイデン政権と日本の核政策との関係を解説します。核時代を終わらせるために、一緒に考えてみませんか。

【オンライン講座】は、後日動画(1週間限定配信)視聴が可能です。
★★〈オンライン講座注意事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。 
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(8/2(月)正午に受付終了します)。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは開講日の5日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は asaculonline009@asahiculture.com までご連絡ください。電話の場合は(06-6222-5224)です。以降のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。また本講座は受講者全員に後日動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。なお、当日、ご視聴できなかった方も、動画は御覧いただけます。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。 
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

お申し込み
日程
2021/8/3
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
持ち物など
◆本講座はZoomを使用したオンライン講座として行いますので、当日受講券のご用意などは不要です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。 
◆Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
その他
◆8/2(月)正午に受付終了します◆ 
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。 ・本講座はZoomを使用したオンライン講座として行います。
・開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、asaculonline009@asahiculture.com までお問合せください。

講師詳細

田井中 雅人(タイナカ マサト)
朝日新聞横浜総局記者、明治学院大学国際平和研究所研究員。2007~10年、カイロ特派員として、米軍の対テロ・対イラク戦争やイラク難民、イスラエル軍によるガザ侵攻を取材。国際報道部デスク(アメリカ担当)を経て、2013年の米ハーバード大学研究員(フルブライト・ジャーナリスト)当時、ボストンマラソン爆弾テロ事件に遭遇し、現場取材にあたる。15~20年、核と人類取材センター記者として、NPT再検討会議やオバマ大統領広島訪問、アメリカの核被害者、核兵器禁止条約を取材。単著『核に縛られる日本』(角川新書)、共著『ヒロシマに来た大統領』(筑摩書房)、『漂流するトモダチ アメリカの被ばく裁判』(朝日新聞出版)、訳書『核のボタン』(同)などがある。