歴史の道をたどる (現地講座)

  • 中田紀子講師
  • 講座風景
  • 中田 紀子(エッセイスト)
講師詳細

テーマに沿って各地の名跡を訪れ、講師の説明を聞き、日本の歴史に思いを寄せながら学びます。

①4月16日「初瀬街道(伊勢本海道)をたどり、サクラの咲く長谷寺へ」(歩行距離 約8キロ)
平安、江戸期に栄えた伊勢本街道は、大阪から生駒山暗峠を越え奈良→桜井→榛原→室生をへて伊勢へと向かう全長160㎞の街道でした。その中の初瀬街道は、白山神社や十二柱神社に立ち寄りながら長谷寺を経ることから、長谷寺詣の人々の往来で賑わったといいます。途中の出雲集落では万葉の時代からつづく〝出雲人形〟のルーツの工房を訪ねます。

②5月21日「比叡山の麓・坂本をめぐる」(歩行距離 約7キロ)
大阪府和泉市池上町を中心に南北1.5km、東西0.6kmに広がる80万㎡の規模をもつ大遺跡です。2300年~1800年前の弥生時代前期間を通じて営まれた、我が国屈指の遺跡です。集落中心部で見つかった弥生時代の中期の大型建物や井戸は必見の価値があります。弥生博物文化博物館などにも立ち寄り古代人の息吹にふれます。

③6月18日「創建・復興の2人の人物から西大寺をみる」(歩行距離 約7キロ)
東の大寺に対して、称徳女帝が西の大寺として建てた西大寺。京への遷都後荒廃した寺を復興した叡尊(興正菩薩)。2人のゆかりの場所を訪ねます。そして、多くの文人が愛し、立原正秋『春の鐘』にも登場する伎芸天像を祀る秋篠寺から、天皇や后などの陵墓がある佐紀盾列(たてなみ)古墳群をめぐります。

お申し込み

注意事項

設備費は講座運営維持費です。

日程
2021/4/16, 5/21, 6/18
曜日・時間
第3 金曜 10:00~15:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 9,570円
設備費(税込)
330円
持ち物など
【持ち物】弁当、飲み物、敷物、雨具など 歩きやすい服装と靴など、ハイキング支度でご参加ください。なお、杖のある方はお持ちください。※マスクをご着用ください(マウスシールド不可)
その他
現地案内プリントをご確認ください。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、郵送でお送りします。)開講日以降の受講料の返金はできません。

★山裾を歩きますが、全工程に多少のアップダウンがあります。
★適時、昼食をとります。
★雨天実施いたします。 

講師詳細

中田 紀子(ナカタ ノリコ)
なら新聞社を経て1990年フリーに。以来、文学、歴史(社寺)、古(峠)道、風物を主題に新聞や雑誌に執筆。97年よりNHKラジオ第一放送早朝番組の奈良リポーターを務める。著書に『奈良大和の峠物語』『百職百人京の匠』。共著に『大阪の祭』ほか。