日本中世史への招待 社会、慣習、価値観を探る

  • 呉座勇一講師(撮影/ホンゴユウジ)
  • 呉座 勇一(国際日本文化研究センター助教)
講師詳細

歴史小説・ドラマでは、戦国武将などの英雄たちの活躍にスポットが当たりがちですが、当然のことながら、いつの時代でも多くの庶民が生活をしていました。私たちのようなごく普通の人間にとっては、英雄よりも庶民の生き方の方が親近感がわき、参考になるのではないでしょうか。中世の場合、庶民の生活に関する史料は非常に乏しいですが、それでも学界では少しずつ研究が積み重ねられてきました。中世の中下級武士や農民、商人などの生活を、人間関係を中心に見ていきます。(講師記)

① 2月16日  中世の生老病死
② 3月 2日  中世の家族
③ 3月30日  中世の教育

※①は医術、祈祷、冠婚葬祭 ②は婚姻、親子・兄弟関係、養子 ③は子弟教育、戦国大名の教養などを取り上げる予定です。








この講座は終了しました
日程
2019/2/16, 3/2, 3/30
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,072円 一般 10,044円
持ち物など
◆教材として資料をお配りする場合、随時実費をいただきます。
その他
◆受付窓口でお手続きの方は、ちらし歴史6をご確認ください。
◆録音、録画、撮影は固くお断りします。

講師詳細

呉座 勇一(ゴザ ユウイチ)
1980年東京生まれ。東京大学文学部卒。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程から国際日本文化研究センター客員准教授などを経て、現在、同センター助教。博士(文学)。専攻は日本中世史。著書に『一揆の原理』(ちくま学芸文庫)、『戦争の日本中世史』(新潮選書・角川財団学芸賞)、『日本中世の領主一揆』(思文閣出版)、『応仁の乱』(中公新書)、『陰謀の日本中世史』(角川新書)など。