背骨が楽になる気功 ……腰痛、冷え、コロナ予防にも
  • 教室開催

  • 天野 泰司(NPO法人気功協会運営責任者・京都芸術大学非常勤講師)
講師詳細

深まる秋。冷えや腰痛、背骨の動きづらさや神経痛などが目立ってくる季節でもあります。でも、寒さでこわばりがちな心身の緊張も、この時期ならていねいに体をなで、ゆっくり背骨をゆらしながら、楽にほどいていくことができます。
冷えないように防備するだけでは冷えは無くなりません。
安静にしているだけでは腰の痛みも消えません。
大切なのは、体を楽に動かして、背骨の周囲の運動のつかえを自然にほどいていくことです。
講座では、冷えや腰痛の共通の原因となっている極端な体のこわばりとねじれを、自分でゆるめるやさしい方法を学びます。背骨の動きが回復すると、元気で若々しくなり、抵抗力や免疫力も自然に培います。前回に引き続き、コロナの予防にも。

参考テキスト 『季節をめぐる気功 この一年で身体が変わる』(春秋社)

お申し込み
日程
2021/11/3
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
持ち物など
窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
動きやすい服装でご参加ください。特に着替えなくても大丈夫です。
その他
設備費は教室維持費です。
テキスト『季節をめぐる気功 この一年で身体が変わる』(春秋社)。会場でもお求めになれます。
事前に読んでいただくと、大きな収穫があるだろうと思います。(講師より)

講師詳細

天野 泰司(アマノ ヤスシ)
NPO法人気功協会 運営責任者、京都芸術大学通信課程「身体」講師。大学在学中に気功と出会い、育児を機に整体と出会う。「やさしくて効果があるものはすべてが気功」という視点で、心身技法の統合に挑み、新しい地平を拓く。ライブ感覚の授業で自然の原理をシンプルに伝え、あくび、のび、笑いなど、日常の動作を組み合わせて大きな効果を上げる。著書に『気功入門』『治る力 病の波を乗りこなす』新刊『季節をめぐる気功』(春秋社)、『気功の学校』『はじめての気功』(筑摩書房)など。
「気功のひろば」 https://npo-kikou.com