万葉集への招待1日体験

  • 坂本 信幸(高岡市万葉歴史館館長)
講師詳細

万葉集の名歌を、巻2の冒頭から読み進めています。これから万葉集を読んでみようという初心者の方にもわかるように、基礎知識をマスターしながら読みます。1日体験教室のテーマは「十市皇女挽歌」(2・一五六~一五八)です。

◇体験すると入会金が半額に◇
  体験をご受講後、3か月以内に定期講座「万葉集への招待」にお申し込みいただくと、入会金が半額(通常5,500円→2,750円)になります。詳しくは窓口かお電話でおたずねください。

この講座は終了しました

注意事項

初回1/18が休講のため、2/15に変更になりました。

日程
2021/2/15
曜日・時間
月曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,080円
持ち物など
資料としてプリントを配布いたします。
その他
窓口でお手続きの方は、文学ちらし2をご確認下さい。定期講座と併設です。体験講座のご受講は1回限りとなります。進度により、テーマ内容が変更することがございます。

講師詳細

坂本 信幸(サカモト ノブユキ)
1947年生。同志社大学大学院修士課程修了。大谷女子大学助教授、奈良女子大学大学院教授を経て現職。奈良女子大学名誉教授。萬葉学会代表。、上代文学会理事。美夫君志会理事。専門は上代国文学。共編著に『古代の歌と説話』『万葉事始』『セミナー万葉の歌人と作品』。歌集『雪に恋う』など。