世界史の中のアラビアンナイト

  • 西尾哲夫講師
  • 西尾 哲夫(国立民族学博物館副館長、教授 )
講師詳細

平安京が栄えていたころ、黄金期を迎えたイスラム文明の中心地となったバクダードでは、まれにみる国際色豊かな文化が開花しました。ルネサンスに始まる西洋近世の躍進はバグダードに直接の源を発しているといっても過言ではありません。9世紀の中東に生まれ、18世紀にヨーロッパ世界へ翻訳紹介されて従来の姿から自在に変容を遂げた「アラビアンナイト」を通して、中東イスラム社会の実像を探ります。

お申し込み
日程
2019/6/21
曜日・時間
金曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,348円

講師詳細

西尾 哲夫(ニシオ テツオ)
1958年生。京都大学大学院文学研究科博士後期課程言語学専攻満期退学。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授を歴任。1996年より民博。著書に『図説アラビアンナイト』(河出書房)、『世界史の中のアラビアンナイト』(NHKブックス)など。