堺の街とものづくり ~旧市街エリアに息づく伝統産業を訪ねて(現地講座)

  • 講師 白神 典之 氏
  • 写真提供 堺市
  • 白神 典之(堺市博物館学芸員)
講師詳細

世界遺産登録に沸く歴史の街・堺。堺は中世には技術・文化の発信地でした。そこで生まれた多くのモノが全国各地に広がりました。商取引とともに、鉄砲や刃物づくりなどの技術が堺に富をもたらし、自治都市・堺の発展、茶の湯などの新たな文化へとつながっていきました。街の中で今なお息づいているさまざまな伝統産業を訪ねて現地を歩きます(約2キロ)。堺の歴史爪切り、和菓子のプチお土産付

日時:2019年11月20日(水)
集合場所:南海本線「七道」駅 1階きっぷ売り場前 9:30集合
コース:徒歩にて、堺鉄砲館、和泉利器製作所 私設博物館、堺和菓子処八百源、堺伝統産業会館 などをたどります。(約2キロ)

■持ち物・服装
歩きやすい服装・靴。日よけや飲料などは各自適宜ご用意ください

お申し込み
日程
2019/11/20
曜日・時間
水曜 09:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 3,850円
持ち物など
■場所
集合:南海本線「七道」駅 1階きっぷ売り場前 9:30集合
コース:徒歩にて、堺鉄砲館、和泉利器製作所 私設博物館、堺和菓子処八百源、堺伝統産業会館 などをたどります。(約2キロ)

■持ち物・服装
歩きやすい服装・靴。日よけや飲料などは各自適宜ご用意ください

講師詳細

白神 典之(シラカミ ノリユキ)
関西大学卒業後、堺市教育委員会で文化財保護業務を担当。百舌鳥古墳群や堺環濠都市遺跡など市内遺跡の発掘調査を行う。平成19年度からは百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録に取り組む。