能楽って何?おもしろレッスン

  • 羽衣
  • 安宅
  • 上田大介講師
  • 上田 大介(能楽師・観世流シテ方)
講師詳細

能楽(能と狂言)は、室町時代に3代将軍足利義満の庇護のもと観阿彌・世阿彌親子が大成させました。舞台上で、囃子に合わせ謡曲を謡い、能面をかぶって演じる日本を代表する舞台芸術で、650年以上の時を経て現在まで受け継がれています。講座では、能楽師観世流シテ方の上田大介さんが、体験を交えて「仕舞」と「謡」の一部を実演します。

この講座は終了しました
日程
2019/9/9
曜日・時間
月曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,916円 一般 3,240円
その他
窓口でお手続きされる方は、23番のちらしをご確認ください。
筆記用具、靴下(体験の際に使用します)

講師詳細

上田 大介(ウエダ ダイスケ)
1966年生。観世流シテ方準職分。重要無形文化財総合指定保持者。公益社団法人能楽協会正会員。社団法人能楽会会員。