肩が楽になる気功 ~花粉症、肩こり、目の疲れ、コロナ予防にも
  • 教室開催

  • 天野 泰司(NPO法人気功協会運営責任者・京都芸術大学非常勤講師)
講師詳細

寒さが底を打つこの季節には、体がどんどんゆるんできて、
体質的な不調や、なかなか改善しない心身の違和感も大きく変わっていきます。
2月のポイントは肩甲骨。
腕の力が抜けて、肩の動きが楽になるだけで
精神的な緊張がゆるんで、ほっとくつろげるようになり、
体の底から元気が湧き出すみたいに、身体が生き生きしてきます。
思考を司る大脳と、本能的な働きの中心になっている骨盤。
その両方をつないでバランスさせているのが肩甲骨だからです。
ゆっくり肩をまわしたり、腕を楽にふったり、
ぎゅーっと肩を持ち上げてストンと落としたり。
そんな簡単なことで、肩甲骨の動きが変わり、
気になる花粉症や、慢性的な肩こりや目の疲れも、楽な方へ変わっていきます。
コロナ予防にも肩が重要。
肩の動きは免疫の働きや呼吸の深さとも密接に関わっているからです。
肩一つが変われば、体全部が変わっていきます。
一度、ほっと肩の荷をおろして、心も軽くして、
軽やかな心と体で、春を迎えましょう。

参考テキスト 『季節をめぐる気功 この一年で身体が変わる』(春秋社)

この講座は終了しました
日程
2022/2/23
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,300円
設備費(税込)
110円
持ち物など
窓口でお手続きされる方は、ちらしをご確認ください。
動きやすい服装でご参加ください。特に着替えなくても大丈夫です。
その他
設備費は教室維持費です。
テキスト『季節をめぐる気功 この一年で身体が変わる』(春秋社)。会場でもお求めになれます。
事前に読んでいただくと、大きな収穫があるだろうと思います。(講師より)

講師詳細

天野 泰司(アマノ ヤスシ)
NPO法人気功協会 運営責任者、京都芸術大学通信課程「身体」講師。大学在学中に気功と出会い、育児を機に整体と出会う。「やさしくて効果があるものはすべてが気功」という視点で、心身技法の統合に挑み、新しい地平を拓く。ライブ感覚の授業で自然の原理をシンプルに伝え、あくび、のび、笑いなど、日常の動作を組み合わせて大きな効果を上げる。著書に『気功入門』『治る力 病の波を乗りこなす』新刊『季節をめぐる気功』(春秋社)、『気功の学校』『はじめての気功』(筑摩書房)など。
「気功のひろば」 https://npo-kikou.com