ようこそ、《ニーベルングの指環》の作品宇宙へ―演奏会〈リング… OIF2020関連講座

  •  
  • 山崎 太郎(東京工業大学教授、日本ワーグナー協会理事)
講師詳細

北欧神話を下敷にしながら、愛と権力をめぐる登場人物たちの相克と悲哀を、世界の始原から没落に至る壮大な時間の流れのうちに描くワーグナー畢生の音楽劇《ニーベルングの指環》。この講座では今回演奏される部分に焦点を当てながら、背景となるストーリーと登場人物、それぞれの場面のつながりやそこに隠された象徴的意味にも話を及ぼしながら、音楽とドラマの魅力を徹底的に解き明かします。

会場:アサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)
地図はこちらです⇒https://www.asahiculture.jp/page/nakanoshima/access           
主催:朝日カルチャーセンター、朝日新聞文化財団、朝日新聞社

お申し込み

注意事項

ご受講の際には、マスクの着用、手洗い、咳エチケットにご協力をお願いいたします。

日程
2020/10/31
曜日・時間
土曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,200円 一般 2,200円
その他
窓口でお手続きされる方は、チラシ別紙とアサコムホール案内図をご確認ください。WEB決済をご利用の方は、上記「講座案内」のリンクから会場案内図をご確認ください。★会場はアサコムホール(中之島フェスティバルタワー12階)です。★開場は講座開始の30分前を予定しています。当日は受講券をご持参ください。★開講日以降の受講料のご返金はできません。

講師詳細

山崎 太郎(ヤマザキ タロウ)
1961年生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専門はドイツ文学およびドイツのオペラ。特に長年、リヒャルト・ワーグナーの楽劇を主な研究対象として、テクスト解読・上演史と演出分析・書簡研究などさまざまな方向からアプローチを重ねている。主な著書に 『《ニーベルングの指環》教養講座』(アルテスパブリッシング)、訳書に『ヴァーグナー大事典』(監修・共訳、平凡社)など。日本ワーグナー協会理事。