日本の仏像に出会う 平安時代編

  • 講師写真
  • 神護寺金堂
  • 金子 典正(京都芸術大学教授)
講師詳細

仏像の意味や歴史、また寺院についても学び、仏像に関する知識を深めます。毎回プロジェクターを使って仏像を詳しく紹介し、プリントを配布して丁寧に解説します。楽しみながら仏像について学んでください。今期は神護寺、渡岸寺、清水寺などの仏像を取り上げ、平安時代前期の仏教美術について学びます。








11月 5日 神護寺多宝塔の五大虚空蔵菩薩像
11月19日 宝菩提院願徳寺の菩薩半跏像について
12月 3日 勝持寺の薬師如来坐像と大原野の仏像
12月17日 渡岸寺の十一面観音菩薩像について

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/11/5, 11/19, 12/3, 12/17
曜日・時間
第1・3 木曜 15:30~17:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 11,880円 
設備費(税込)
440円
持ち物など
※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。
その他
今期(11月)より再開します。
10/22(木)にオンラインによる1日講座「仏教美術の基礎」も開講します。こちらは別途HPからのお申し込みが必要です。

窓口でお手続きされる方は、芸術14番のちらしをご覧ください。
★講師のご都合により日程が変更する場合があります。予めご了承ください。

講師詳細

金子 典正(カネコ ノリマサ)
1966年生まれ。博士(文学)。早稲田大学大学院博士課程修了。仏教美術史・東洋美術史専攻。同大学文学部助手、講師、准教授を経て現職。論文・研究に「唐招提寺『金亀舎利塔』について」「中国仏教初伝期に於ける仏像受容の実態に関する一考察」など多数。出版物に『芸術教養シリーズ3 中国の美術と工芸 アジアの芸術史 造形篇I』(藝術学舎、2013)ほか。