吉野塾・“総本家 平宗吉野本店”で旬の鮎会席 吉野の食文化と歴史

  • 講師 渡辺雅晴
  • 渡辺 雅晴(㈱柿の葉ずし 平宗吉野本店 店長)
講師詳細

「日本書紀」に神武天皇や神功皇后が鮎で戦の吉兆を占う逸話があるように、鮎は古より「縁起の良い魚」とされてきました。講座では歴史ある吉野の『総本家 平宗吉野本店』で吉野川のせせらぎを聞きながら、この時期解禁となる鮎の特別会席料理をお楽しみいただきます。

6月2日(火)11:20 近鉄吉野線「大和上市」駅改札口集合 (13:30頃解散予定)
会員・一般とも8,800円(昼食代を含む。交通費は各自) 

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

お申込みはお電話06-6222-5222で
日程
2020/6/2
曜日・時間
火曜 11:20~13:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 8,800円 一般 8,800円
持ち物など
6月2日(火)11:20 近鉄吉野線「大和上市」駅改札口集合 (13:30頃解散予定)
会員・一般とも8,800円(昼食代を含む。交通費は各自)
 
その他
現地案内をご確認ください。(コンビニ振込をご利用の方へは、振込用紙郵送の際に同封します。WEB決済をご利用の方へは、お手続き完了後、郵送でお送りします。)■開講日以降の受講料はご返金できませんのでご了承ください。 

講師詳細

渡辺 雅晴(ワタナベ マサハル)
1971年福岡県生。2000年頃に柿の葉ずしと出会い歴史を知る。感銘を受け文久元年創業の(株)柿の葉ずし平宗に入社。現在はお寿司の製造販売、柿の葉ずし体験の講師として業務に取り組む。