源氏物語のたのしさ、おもしろさ 藤壺と若紫~若紫と末摘花の巻

  • 福嶋昭治講師
  • 福嶋 昭治(園田学園女子大学名誉教授)
講師詳細

千年の間、とぎれることなく読み続けられてきた『源氏物語』の面白さを、若紫と末摘花の巻から読み解きます。藤壺は、光源氏にとっては理想の人です。藤壺が理想の人である一番大きな理由は、どんなに恋しても近づくことの許されない義理の母だったからです。理想は手に入れることの出来ないもの。現実は、こんなはずではなかったという世界です。だからといって、理想と無縁の世界ではありません。私たちは理想の近似値である現実の中で暮らしています。光源氏の人生における理想と現実を、二人の女性の描かれ方から探っていきます。

この講座は終了しました
日程
2019/9/14
曜日・時間
第2週 土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,348円
持ち物など
テキストはプリントを使用します(実費をいただきます)
窓口でお手続きの方は、ちらし12をご覧ください。

講師詳細

福嶋 昭治(フクシマ ショウジ)
1948年生。大阪大学大学院文学研究科修士課程修了。著書に『物語文学の系譜』『光源氏が見た京都』『源氏物語カルチャー講座』『紫式部と越前武生』など。