桂小五郎と出石潜伏生活 維新三傑の一人・木戸孝允の謎に迫る

  • 木村武仁講師
  • 木戸孝允
  • 木村 武仁(霊山歴史館学芸課長)
講師詳細

近年、幕末や明治維新を再検証する動きが高まり、維新三傑の一人・桂小五郎、のちの木戸孝允に注目が集まっています。その生い立ちから、桂家に養子に行った事情、長州藩のリーダーになった彼が行ったこと、「逃げの小五郎」と呼ばれる理由や「禁門の変」の時に何をしていたのかなど、桂小五郎の人物像を探ります。また、久畑関所を越えた時になりすました職業や各地に潜伏した理由、町人になりきって行った商売など、前半生の謎に迫り、彼を支えた幾松の活躍についても解説します。

お申し込み
日程
2019/5/18
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,024円 一般 3,348円
持ち物など
プリント配布の場合は、実費をいただきます。
録音、写真撮影は固くお断りします。
その他
受付でお申し込みの方は、ちらし6をご確認ください。

講師詳細

木村 武仁(キムラ タケヒト)
1973年京都生まれ。國學院大学文学部卒。現在、霊山歴史館(幕末維新ミュージアム)で学芸員を担当。専門は幕末維新史。著書に「ようわかるぜよ!坂本龍馬」(京都新聞出版センター)、「図解で迫る西郷隆盛」(淡交社)など。