百舌鳥古墳群の謎と見どころ 世界遺産登録百舌鳥・古市古墳群

  • 講師 白神 典之
  • 写真提供 堺市
  • 白神 典之(堺市博物館学芸員)
講師詳細

百舌鳥・古市古墳群が今年、日本で19番目の世界文化遺産に認定されました。一帯には世界最大級の仁徳天皇陵古墳をはじめ、100基以上の墳墓が点在していたと言われます。古代にこんな大きな建造物が、どんな目的で、どうやって作られたのか?独特の形状の意味は?講義の後、博物館内や仁徳天皇陵古墳を歩きながら、そのスケールを実際に感じていただきます。仁徳天皇陵古墳VRツアー体験料、茶室「伸庵」での呈茶券付。

■日時:2019年11月13日(水) 9:30
■会場
堺市博物館1階受付集合
ホールでの講座の後、堺市博物館の館内や仁徳天皇陵古墳周辺を散策しながら解説していただきます。
■持ち物・服装
歩きやすい服装・靴。日よけや飲料などは各自適宜ご用意ください
 

お申し込み
日程
2019/11/13
曜日・時間
水曜 09:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 3,850円
持ち物など
■会場
堺市博物館1階受付集合
ホールでの講座の後、堺市博物館の館内や仁徳天皇陵古墳周辺を散策しながら解説していただきます。

■持ち物・服装
歩きやすい服装・靴。日よけや飲料などは各自適宜ご用意ください
 

講師詳細

白神 典之(シラカミ ノリユキ)
関西大学卒業後、堺市教育委員会で文化財保護業務を担当。百舌鳥古墳群や堺環濠都市遺跡など市内遺跡の発掘調査を行う。平成19年度からは百舌鳥古墳群の世界文化遺産登録に取り組む。