楽しく学ぶ『赤毛のアン』とモンゴメリの世界 『エミリー』を読み解く
  • 教室開催

  • 桂 宥子(岡山県立大学名誉教授)
講師詳細

『赤毛のアン』の作者L.M. モンゴメリの死後50年も秘密にされていた彼女の日記が出版されて以来、アンに劣らず魅力的な主人公の成長を物語る『エミリー』3部作が注目されています。日記を綴り、将来、作家を夢見る孤児エミリー・バード・スターは、アンよりもモンゴメリ自身の実像と重なるからです。本講座では、『エミリー』シリーズを読み解きながら、『赤毛のアン』との関連性、モンゴメリの生涯、プリンス・エドワード島等について解説します。
(来年は『エミリー』出版100周年です。)

この講座は終了しました
日程
2022/7/28, 8/25, 9/22
曜日・時間
第4 木曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 10,890円
設備費(税込)
330円
持ち物など
教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
※設備費は、教室維持費です。
その他
窓口でお手続きされる方は、文学37のちらしをご確認ください。

講師詳細

桂 宥子(カツラ ユウコ)
岡山県立大学名誉教授。専門は英語圏児童文学及び建国期のカナダ文学。著書に『アリス紀行』(東京図書)、『L.M. モンゴメリ』(KTC中央出版)等、訳書に『モンゴメリ日記』(立風書房)、『レッド・フォックス』(福音館書店)ほか多数。