「レヴィナスを読む」(3) 1日体験
  • 教室開催

  • 講師写真
  • 秋富 克哉(京都工芸繊維大学教授)
講師詳細

10月期は、4月期に続けて主著『全体と無限』に取り組みます。後半、とりわけ第3部の「顔と外部性」は、レヴィナスの独自な立場である「顔」と「倫理」の議論が展開する重要な箇所です。前半第1部の「超越」、第2部の「自我論」との連関を踏まえながら、その「他者論(倫理)」の内実に向いたいと思います。

◇体験すると入会金が半額に◇
  体験をご受講後、3か月以内に定期講座「生命を考える」にお申し込みいただくと、入会金が半額(通常5,500円→2,750円)になります。詳しくは窓口かお電話でおたずねください。

この講座は終了しました

注意事項

パンフレット掲載の講座日が変更になりました。10月15日に開催予定です(9/5)

日程
2022/10/15
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,080円
持ち物など
※教材としてプリントをお配りする場合、実費をいただきます。
その他
窓口でお手続きされる方は、4番のちらしをご覧ください。

講師詳細

秋富 克哉(アキトミ カツヤ)
1962年生。京都大学文学部哲学科、同大学院文学研究科博士後期課程学修退学。ミュンヘン大学留学などを経て現職。文学博士。著書に『芸術と技術 ハイデッガーの問い』(創文社)、共編に『ハイデッガー「存在と時間」の現在』(南窓社)など。