お家元が教える香あそび入門~ 時雨香
  • 教室開催

  • 香道イメージ
  • 香道お道具
  • 香木
  • 蜂谷 宗玄(志野流家元)
講師詳細

忙しい日々の中、ゆったりと香りに触れ、伝統文化を楽しむ格調高い時間を過ごしませんか。
香道は、室町時代、茶道や華道と並ぶ芸道として体系化されました。天然の香木の香りを楽しむことはもちろん、真心をこめてものに接するという気持ちから生まれる立居振舞も作法として学ぶことができます。

今回は「木の葉ちる宿はききわく方ぞなき時雨する夜も時雨せぬ夜も」(源頼実)の和歌を基にした香道の基本である組香を楽しみます。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2022/11/27
曜日・時間
日曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 3,190円
教材費(税込)
教材代 220円
設備費(税込)
165円
持ち物など
筆記用具、白靴下(または白足袋)をご用意ください。
その他
正座のできる服装でご参加ください。(正座補助具の使用OK)

講師詳細

蜂谷 宗玄(ハチヤ ソウゲン)
昭和14年、愛知県生まれ。志野二十世家元。斎号 幽光斎。志野流十九世家元 蜂谷宗由の長男として生を受ける。戦後の厳しい環境下において研鑽を積み大学卒業後は歴代家元の倣い臨済宗、岐阜県の正眼僧堂にて修行。妙心寺派管長梶浦逸外老師より斎号「幽光斎」宗名「宗玄」を拝受。昭和62年家元を継承。父とともに献香式を各地で復活させ、現在までその道統を継承しつつ日本の香文化をもとに世界平和を提唱。インドの仏跡巡礼、中国各寺院での供香、フランス革命200年祭での献香を行った。国内においては、上賀茂神社、春日大社、薬師寺、笠間稲荷神社などで神仏にお香を献ずる儀式を取り行っている。また東京、京都をはじめ、全国多くの教場にて指導にあたり、香道の普及、発展につとめている。海外においては、フランス、アメリカ、中国などで教場を開設している。平成17年には文化庁長官表彰受賞。