陶磁器からみた海のシルクロード
  • 教室開催

  • 森達也先生
  • 森 達也(沖縄県立芸術大教授)

8世紀末頃から19世紀にかけて、「海のシルクロード」と呼ばれるインド洋を渡る航海路を通じて、莫大な量の中国陶磁や東南アジア陶磁、西アジア陶磁、日本陶磁、ヨーロッパ陶磁が東から西へ、あるいは西から東へと運ばれました。このように海を渡った陶磁器は、人間や文化の交流、貿易、技術の伝播、美意識の影響などを物語る貴重な資料となっています。中でも各地で発見されたさまざまな時代の沈没船からは数多くの陶磁器が発見され、当時の陶磁貿易の実像を知ることができます。本講座では、講師が長年にわたって現地調査を行なった世界各地の遺跡と出土陶磁器などの資料を基に、海のシルクロードの壮大な歴史を語ります。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2021/8/23, 8/26
曜日・時間
月曜 13:00~14:30
回数
2回
受講料(税込)
会員 6,160円 一般 7,040円
設備費(税込)
330円