【教室受講】武田三代 信虎、信玄、勝頼の史実に迫る
  • 教室開催

  • 平山優先生
  • PHP新書提供:「武田三代」
  • 平山 優(歴史学者)
講師詳細

戦国時代、中部地方を中心に、関東、東海地方に及ぶ大領国を形成し、織田信長、徳川家康を畏怖せしめたのが、戦国大名武田氏である。武田氏は、信虎時代に混乱する甲斐統一を成し遂げ、首都甲府の建設を実施し、戦国の舞台に登場した。その子晴信(信玄)は、父信虎を追放して家督を継ぐと、武田氏を大国へと成長させた。勝頼は、父信玄急死後、織田・徳川との抗争を続け、長篠合戦で大敗したが、父信玄時代よりも広大な領国を形成した。本講座では、武田三代の軌跡を、軍事、外交を軸に解説する。とりわけ、織田・徳川氏との関係に時間を割きたいと思う。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

<WEB割引キャンペーン対象講座・6/30迄>https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/7a233090-ecd3-e342-fd56-6278cc0e9736

日程
2022/7/17, 8/21, 9/18
曜日・時間
第3週 日曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 11,550円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室)
教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

講師詳細

平山 優(ヒラヤマ ユウ)
1964年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程史学専攻(日本史)修了。専攻は日本中世史。
山梨県埋蔵文化財センター文化財主事、山梨県史編さん室主査、山梨大学非常勤講師、山梨県立博物館副主幹を経て、山梨県立中央高等学校教諭。