(特)アフガニスタン問題とは何なのか
  • 教室開催

  • 小澤講師
  • 小澤 克彦(岐阜大名誉教授)
講師詳細

2021年8月、アフガニスタンから米軍の完全撤退が為されました。
しかし、米軍による約20年に渡る駐留自体が一体何だったのか、よく分からないというのが普通の印象です。そもそもアフガニスタンとはどういう国なのか、どのような経緯があって20年もの米軍の駐留となっていたのでしょうか。まずは、国の歴史や周辺各国との関係や思惑を知る必要があります。また、実権を握ったイスラーム主義勢力の「タリバン」や、他の反政府組織、イスラーム法の目指すものとは。
歴史や民族性、宗教などの総合的な視点から、この問題を追いアフガニスタンの将来像を模索します。

お申し込み
日程
2021/10/2
曜日・時間
土曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,530円 一般 2,970円
設備費(税込)
165円

講師詳細

小澤 克彦(オザワ カツヒコ)
東京都出身。東京都立大学大学院、哲学専攻博士課程満期退学。現在、岐阜大学名誉教授。専門領域「哲学、思想史、神話・宗教、宗教文化史」。現地主義を徹底し、毎年のように西洋・中東を探訪している。