悠久のシルクロードを行く

  • 森安孝夫先生
  • 誓願図
  • 漢人僧
  • 森安 孝夫(大阪大名誉教授)
講師詳細

シルクロードにはオアシスの道、草原の道、海の道の三種があるが,本講で取り上げるのは前二者の陸のシルクロードである。近代以前の世界史は、陸のシルクロード地帯を含む中央ユーラシア世界で活躍した諸民族の動向を抜きにしては語れない。多民族・多言語・多文化・多宗教の交叉する中央ユーラシア世界の実像を、漢籍や現地出土の資料を交えて、できるだけ具体的に紹介したい。(講師記)

お申し込み
日程
2019/7/26, 8/2, 8/9, 9/13, 9/20, 9/27
曜日・時間
金曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,496円 一般 17,496円
設備費(税込)
972円

講師詳細

森安 孝夫(モリヤス タカオ)
学歴
 昭和47(1972)年,東京大学文学部東洋史学科卒業。
 昭和56(1981)年,東京大学大学院人文科学研究科東洋史学専攻博士課程単位修得退学。

職歴
 金沢大学助教授,大阪大学教授,近畿大学特任教授を歴任。

専門と研究概要:
 敦煌・トゥルファン出土多言語文書,モンゴル高原の古代トルコ語碑文類,並びに漢籍史料を駆使して,イスラム化以前の中央ユーラシア東部(モンゴル・新疆ウイグル自治区・北中国・チベットなど)で活動した諸民族の歴史を研究。