疫病の日本史
  • 教室開催

  • 本郷講師
  • 本郷 和人(東京大学史料編纂(へんさん)所教授)
講師詳細

 日本は幸いなことに、ヨーロッパ全人口の四分の一、もしくは三分の一の命を奪ったというペストの脅威にさらされたことはありませんでした。中国大陸までやってきて、元王朝が滅びる原因の一つとなったペストはなぜ日本にやってこなかったのか。その理由と意味を考えます。
 ではペストがやってこなかった日本には感染症はなかったのか。そんなことはありません。天然痘と麻疹(はしか)に苦しめられてきたのです。麻疹は抵抗力のない子どもの命を奪っていきました。また天然痘は奈良時代に猛威を振るい、列島の全人口の四分の一を死に至らしめたと考えられます。
 江戸時代、日本の医者は天然痘との戦いを始めます。彼らはどのようにこの恐るべき病と戦ったのでしょう。地域共同体に支えられた彼らの、まさにプライドを賭けた仕事ぶりを、見ていくことにしましょう。

この講座は終了しました
日程
2022/1/26
曜日・時間
水曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,740円
設備費(税込)
165円

講師詳細

本郷 和人(ホンゴウ カズト)
1960年東京の下町に生まれ、下町に育つ。83年東京大学文学部卒業。86年、東京大学大学院人文科学科修士課程修了。88年東京大学大学院人文科学科博士課程単位取得。子どもの頃から歴史物語が大好き。いつの間にかそれが仕事になっていた。同業者で美人の妻(本郷恵子さん)との間に一男(タクトくん。ただし指揮者になる予定はない)一猫(黒猫アルトくん。ただし唱わない)あり。著書に『人物を読む日本中世史』(講談社)ほか多数。