老後の備え、ドクター江部の糖質制限

  • 江部康二氏
  • 江部 康二(高雄病院理事長)
講師詳細

糖質制限食はいまや広く普及し、米国糖尿病学会は「成人糖尿病患者の食事療法に関する声明」を改訂するなど、世界的なスタンダードに。第一人者が長い人生を楽しむ視点から糖質制限を解説。

【会 場】
朝日ホール(名古屋市中区栄1、朝日会館15階)
 ※名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より広小路通を西へ約5分。ヒルトンホテル西隣。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2019/6/16
曜日・時間
日曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,078円 一般 3,618円
設備費(税込)
162円
持ち物など
【会 場】
朝日ホール(名古屋市中区栄1、朝日会館15階)
 ※名古屋市営地下鉄東山線「伏見」駅下車、7番出口より広小路通を西へ約5分。ヒルトンホテル西隣。

会場地図→http://bit.ly/2kpGSeT

講師詳細

江部 康二(エベ コウジ)
<プロフィール>
・1950年生まれ。
・1974年京都大学医学部卒業。
・1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)
にて呼吸器科を学ぶ。
・1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
・1999年高雄病院に糖質制限食導入。
・2000年理事長就任。
・2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
・ 2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を 注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。
<著書>
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』2008年(東洋経済新報社)
『我ら糖尿人、元気なのにはわけがある』2009年(東洋経済新報社・作家宮本輝氏との対談本)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)監修
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか』2015年(ナツメ社)
『糖質制限の教科書』2015年(洋泉社)監修
『よくわかる! すぐできる! 「 糖質オフ! 」健康法 』2016年(PHP研究所)
『人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方に して痩せる、健康になる』
2016年(SB新書)
『江部康二の糖質制限革命』2017年(東洋経済新報社)
『男・50代からの糖質制限 ストーリーで学べる最強の食事法』
2018年(東洋経済新報社)
など多数。
ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記( http://koujiebe.blog95.fc2.com/ )は
日に数千件のアクセスがあり、糖尿病のかたやそのご家族から寄せられた質問への回答や、糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。