【オンライン受講】みやこの歴史学と文学 ~都の内と外、飛鳥・藤原から平城京へ
  • 教室・オンライン同時開催

  • 上野講師と脊古講師
  • 脊古 真哉(名古屋市立大非常勤講師)
  • 上野 誠(国学院大教授)
講師詳細

一見縁遠く感じられることのある古代学は、実はわれわれの生活の歴史でもあるのです。建物がヤ(屋・家)ならば、神や天皇のいる建物はミヤ(宮・御屋・御家)となります。宮があるところがミヤコ(都・京・宮処)なのです。それではミヤビとは何なのか、『万葉集』を専門とする日本文学研究者の上野誠と、日本古代史・日本宗教史を専門とする日本史研究者の脊古真哉の2名がやさしく語ります。対談の魅力は一期一会です。
20世紀の古代研究の中心は、国学の影響を受けて、文学では『古今和歌集』から『万葉集』へ、歴史学では10世紀平安時代中期の「延喜・天暦の治」から8世紀の奈良時代へとの転換がなされました。今年2022年は彩色壁画が検出された明日香の高松塚古墳の調査から50年となります。ともに奈良にゆかりのある上野と脊古の両名が「みやこの歴史学と文学」について縦横に語り合いたいと思います。(講師・記)

教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/940004b0-7014-543f-e648-62c10c57fd89

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は ng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はng9info@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

お申し込み

注意事項

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/940004b0-7014-543f-e648-62c10c57fd89
・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、ng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/12/24
曜日・時間
土曜 15:30~17:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 4,180円
設備費(税込)
165円

講師詳細

脊古 真哉(セコ シンヤ)
1960年和歌山県生まれ。愛知学院大学文学部講師・同朋大学仏教文化研究所客員所員。奈良大学文学部史学科卒業。愛知学院大大学院文学研究科博士後期課程単位修得。専攻:日本宗教史・日本古代史。主要論著:『陰陽道叢書』1~4(共編・名著出版) 『蓮如方便法身尊像の研究』(共著・法蔵館)他。
上野 誠(ウエノ マコト)
1960年生。國學院大學卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。博士(文学)。日本民俗学会研究奨励賞受賞、上代文学会賞受賞。角川学芸賞、白川静漢字文化章、日本エッセイストクラブ賞など受賞。著書に『魂の古代学―問いつづける折口信夫』(角川財団学芸賞受賞・角川ソフィア文庫)、『万葉びとの奈良』(新潮選書)、『日本人にとって聖なるものとは何か―神と自然の古代学』(中公新書)、『美しい日本語が話せる 書ける 万葉ことば』(幻冬舎)、『万葉集から古代を読みとく』(ちくま新書)、『折口信夫的思考  越境する民俗学者』(青土社)、『万葉文化論』(ミネルヴァ書房)など多数。上野誠の万葉エッセイ http://www.manyou.jp/