• 見学可

絢爛の地中海文明の展開史
  • 教室開催

  • 地中海
  • ミノア文明、海洋文様の描かれた土器
  • ハドリアヌス帝のヴィッラ・アドリアーナ
  • 小澤 克彦(岐阜大名誉教授)
講師詳細

地中海世界はヨーロッパから小アジア、近東、北アフリカを含み、さまざまな文明をうみだしてきた領域です。多彩な文明が生じては消え、あるいは後発の文明とぶつかって多様な姿となっていきました。その様相をスライドなどで紹介し、文明の在り方を紹介していきます。


【カリキュラム】
1、地中海文明の始まり、クレタ島のミノア文明
2、根源たるギリシャ・ミケーネ文明とトロイ文明
3、文明の華、古代ギリシャ文明
4、地中海そのものであったローマ文明
5、ヨーロッパの「キリスト教文明」
6、小アジア、近東・北アフリカの「イスラーム文明」

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/22, 11/26, 12/24, 1/28, 2/25, 3/25
曜日・時間
第4 金曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
990円
その他
11月26日のみ④番教室にて行います。

講師詳細

小澤 克彦(オザワ カツヒコ)
東京都出身。東京都立大学大学院、哲学専攻博士課程満期退学。現在、岐阜大学名誉教授。専門領域「哲学、思想史、神話・宗教、宗教文化史」。現地主義を徹底し、毎年のように西洋・中東を探訪している。