ネルケ無方が説く禅の教え~生きるヒント オンライン講座

  • ネルケ無方講師
  • ネルケ 無方(安泰寺前住職)
講師詳細

2021年3月11日、東日本大震災から10年となる。コロナ禍が続く中、疲弊した心に「喝」を入れ、「活」を見いだす、禅のヒントを。講師は安泰寺前住職・ネルケ無方さん。ドイツ生まれで、高校時代に「坐禅」と出会い、仏道を志した。1993年に兵庫県の曹洞宗・安泰寺にて出家得度。2002年から安泰寺住職を務めた。「ただ坐(すわ)る」「迷いながら生きる」などの著書がある。
2月28日(日)10時半~12時。2640円。

お申し込み

注意事項

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。(万一、キャンセルは初回の4日前までに電話でご連絡願います)
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
・資料はありませんが、受講の方へ1週間の視聴限定で、後日授業のアーカイブ動画を配信予定です。

日程
2021/2/28
曜日・時間
日曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 2,640円
持ち物など
※お申込みはWeb決済のみとなっております。

講師詳細

ネルケ 無方(ネルケ ムホウ)
1968年3月1日、旧西ドイツ・ベルリン生まれ。7才の時、母と死別してから人生に悩む。16才で坐禅と出合う。高校時代から禅僧になる夢を抱いて、坐禅道場に通い続ける。1990年、春は京都大学の留学生として来日、秋から兵庫県の但馬地方にある曹洞宗・安泰寺に上山。半年間の禅修行。大学のドクターコースを中退、1993年から安泰寺で出家得度。8年間の雲水生活を経て嗣法。2001年から大阪城公園で「ホームレス雲水」として毎朝の坐禅会を開く。2002年から2020年まで、安泰寺堂頭(住職)をつとめた。現在、大阪を拠点に講演活動や坐禅指導を行っている。主な著書『迷える者の禅修行』、『裸の坊様』、『日本人に「宗教」は要らない』、『曲げないドイツ人 決めない日本人』、『今日を死ぬことで、明日を生きる』など多数。
安泰寺ホームページ:antaiji.org