【教室受講】東海地方の霊場、鳳来寺山鏡岩 ~かねさんの考古学推理帖
  • 教室開催

  • 兼康講師
  • 鳳来寺山鏡岩
  • 兼康 保明(東海学センター理事)
講師詳細

愛知県新城市の鳳来寺には、本堂の背後に鏡岩とよばれる巨岩がそびえたっています。その岩の下から、平安時代後期から鎌倉時代の陶器製のお経を収納した経筒外容器や、渥美・瀬戸産の陶器の骨壺、和鏡などが多数発見されています。これらの遺物を検討することによって、鏡岩が比叡山横川や高野山奥の院などの霊場を模した、東海地方の一大聖地ではなかったかと考えてみます。また、鏡にまつわる信仰や、民俗学から見た鏡岩についても考えてみたいと思います。(講師・記)

お申し込み

注意事項

・教室受講を承ります。オンライン受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/2520b4a0-145e-8d4a-e3d9-6353c25232ea
教室受講でお申込みの皆様にはアーカイブ動画の配信はありません。予めご了承ください。

日程
2023/2/25
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 3,300円
教材費(税込)
教材代 110円
設備費(税込)
165円

講師詳細

兼康 保明(カネヤス ヤスアキ)
神戸市生まれ。関西大文学部史学科卒業。滋賀民俗学会理事、山の考古学研究会会員。著書に「考古学推理帖」(大巧社)「信仰の山を旅する」(近江文化社)など。