自分勝手で生きなさい

  • 下重講師(撮影:杉山晃造氏)
  • 下重 暁子(作家)
講師詳細

「自分勝手」とは個として生きること。2020年、新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて提唱された新しい生活様式は言ってみれば「個のすすめ」だ。これからの時代を生き抜くための「自分とのつき合い方」を考えよう。

お申し込み
日程
2021/3/30
曜日・時間
火曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,520円 一般 3,960円
設備費(税込)
165円

講師詳細

下重 暁子(シモジュウ アキコ)
早稲田大学教育学部国語国文科卒業。同年NHKに入局。アナウンサーとして活躍後、フリーとなり、民放キャスターを経た後、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクションと多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任。日本ペンクラブ副会長、日本旅行作家協会会長。著書に『極上の孤独』『家族という病』(幻冬舎)『夫婦という他人』(講談社)『年を重ねて、今がいちばん』(大和出版)『暮らし自分流』(海竜社)『若者よ、猛省しなさい』(集英社)『この一句 108人の俳人たち』(大和書房)『老いの戒め』(集英社)『持たない暮らし』(KADOKAWA)『鋼の女―最後の瞽女・小林ハル―』(ノンフィクション、集英社)『くちずさみたくなる名詩』(選・著、海竜社)『純愛~エセルと陸奥廣吉~』(講談社)他多数。