• 見学可

協奏曲の歴史~ヘンデルからテレマン
  • 教室開催

  • テレマン
  • トーマス・マイヤー =フィービッヒ講師
  • トーマス・マイヤー =フィービッヒ(国立音楽大名誉教授)
講師詳細

協奏曲は1600年頃に成立した音楽の形式で、名曲も多く愛され、演奏されやすい楽曲。今期は、ヘンデルを中心に、「水上の音楽」など、珠玉の作品ついて解説。エピソードと名曲にふれながら、その音楽性と時代背景にも着目し、映像と音楽から当時の様子を作曲家の講師ならではの視点で。



10/18…ヘンデル「水上の音楽」
11/15…テレマン ホルン3本、弦楽器と通奏低音のための「協奏曲二長調」
12/20…テレマン ヴァイオリン「協奏曲イ長調」    

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/18, 11/15, 12/20
曜日・時間
月曜 15:30~17:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 
教材費(税込)
教材代 165円
設備費(税込)
495円
持ち物など
受講料には、音楽使用料の一部が含まれています。

講師詳細

トーマス・マイヤー =フィービッヒ(トーマス・マイヤー =フィービッヒ)
1949年ドイツ · ビーレフェルト市生まれ。ビーレフェルト市マリーン教会の主任牧師を父とし、幼少の頃からパイプオルガンを始めとする教会音楽一般に多大な影響を受けながら育つ。デトモルト国立音楽大学へ作曲専攻にて入学、作曲をヨハネス · ドリースラーとギセルヘル · クレーベに師事。1978年来日、国立音楽大学及び大学院にて作曲科の教授として指導にあたる。2015年退官、国立音楽大学名誉教授の称号を得る。ドイツ各地の大学にても特別講義講師としてたびたび招聘される。作品の分野は諸編成の交響曲、室内楽曲、声楽曲から和楽器のアンサンブル曲等にも及び、中でもパイプオルガンのための作品はその創作活動の中で重要な位置を占める。作曲家としての活動の傍らオルガニストとしても活発な演奏活動を続けており、1998年にはドイツのエルツ山脈地方ナッサウのジルバーマン製作の歴史的オルガンにてCDを収録した。