• 見学可

西地中海文明の性格 ~フランス、スペイン、マルタ、モロッコの文化史
  • 教室開催

  • サン・ピエトロ大聖堂
  • モロッコ、シャウエン
  • スペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂
  • 小澤 克彦(岐阜大名誉教授)
講師詳細

一般に地中海文明というとギリシャ・ローマが中心となるのですが、西地中海でも独特の歴史・文化推移が展開されていました。それを現代のフランス、スペインそしてマルタ島とアフリカ西北のモロッコにおいて見ていきます。ここはローマ帝国の領域であり、そして独特のカトリック文化、イスラーム文化が交叉した領域でした。

【スケジュール】
1、先史時代からローマ期のフランス領域
2、フランス領域がカトリック文化の中心地だった。
3、ローマが開拓したイベリア半島
4、イスラームとカトリックの相克の地
5、マルタ島の歴史と文化
6、モロッコの歴史と文化

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2022/10/28, 11/25, 12/23, 1/27, 2/24, 3/24
曜日・時間
第4 金曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 15,180円 
設備費(税込)
990円

講師詳細

小澤 克彦(オザワ カツヒコ)
東京都出身。東京都立大学大学院、哲学専攻博士課程満期退学。現在、岐阜大学名誉教授。専門領域「哲学、思想史、神話・宗教、宗教文化史」。現地主義を徹底し、毎年のように西洋・中東を探訪している。