• 見学可

【オンライン受講】ホンネで語る、中世寺社論
  • 教室・オンライン同時開催

  • 本郷講師
  • 本郷 和人(東京大学史料編纂(へんさん)所教授)
講師詳細

みなさんは、お家の法事に来て下ったお坊様に、「今あげてくださったお経なのですが、どういうことが書かれているのですか?」とお尋ねになったことがありますか?般若心経ような短いものでも、法華経でも、お経というのは漢文ですから「読める」のです。そして「意味を取る」ことができるのです。けっして呪文ではありません。
 でも、お坊様はそうした話はなさいませんよね。「今日は法華経のこの部分を読みましたよ。こういう意味ですよ」ぼくは少なくとも、そうしたお話をうかがったことがありません。
今、墓じまい、寺じまいの話がよくされます。仏教界は、顧客である檀家を失い、困っていると思う。ならば、もっと私たち一般人にお経の話を教えてほしい。それに感動すれば、お坊様への敬意、お寺様への敬意を今一度持ち直すことができるのに…。
 本講座はそんな思いを持っている凡俗の徒である私が、中世の仏教について語る講座です。短い3回のものですが、ホンネで語りあいましょう。(講師・記)

第一回 顕密の世界
 平安時代初め、唐にわたった最澄、空海は、新しい仏教を日本にもたらしました。天台宗と真言宗です。以降、朝廷では、この二つの宗派が仏教界において、支配的な立場を占めていきます。それはいかなるものだったのでしょうか。平安時代からずっと、貴族社会に精神的にも物理的にも、ともかく大きな位置を占めた天台・真言の教えを見ていきましょう。

第二回 鎌倉新仏教
 鎌倉時代になると、社会の担い手として武士が台頭してきました。貴族に比べると教養の水準の低い彼らは、それでも彼らなりに真摯に救いを欲したのです。その求めに応じて、新しいムーブメントが仏教界に生まれてきます。それは優しい教えであり、易しい教えでした。こうした観点から、鎌倉新仏教を見ていきましょう。

第三回 仏教と村落
 中世寺院は、仏教を研究したり、人々に広めたり、という宗教活動ばかりをしていたわけではありません。大寺院には僧兵、有力神社には神人という暴力装置があり、彼らはあたかも武士のように、物理的な力を行使しました。ただ、それは武士の軍事力とはやはり異なるものでした。寺社と村落のむすびつき、それに寺社の軍事力が目指したものについて、考えていきましょう。
教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/a30310cb-ab93-6ce4-3f6b-62ccc3837d07

〈ご案内事項〉
・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は ng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はng9info@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/a30310cb-ab93-6ce4-3f6b-62ccc3837d07
 ・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、ng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/10/10, 11/14, 12/19
曜日・時間
第2週 月曜 15:30~17:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 10,890円 
設備費(税込)
495円

講師詳細

本郷 和人(ホンゴウ カズト)
1960年東京の下町に生まれ、下町に育つ。83年東京大学文学部卒業。86年、東京大学大学院人文科学科修士課程修了。88年東京大学大学院人文科学科博士課程単位取得。子どもの頃から歴史物語が大好き。いつの間にかそれが仕事になっていた。同業者で美人の妻(本郷恵子さん)との間に一男(タクトくん。ただし指揮者になる予定はない)一猫(黒猫アルトくん。ただし唱わない)あり。著書に『人物を読む日本中世史』(講談社)ほか多数。