【オンライン受講】 江戸川乱歩の世界を再び読みなおす オンライン

  • 長澤唯史講師
  • 新潮社提供
  • 長澤 唯史(椙山女学園大教授)
講師詳細

昨年の没後55周年を機に、今ふたたび江戸川乱歩に注目が集まっています。とくに名古屋では記念碑の建立、名古屋市市政資料館や鶴舞中央図書館での展示など、乱歩ゆかりの地であることを改めて認識させてくれるイベントが続きました。また乱歩をめぐる新たな書籍や研究も次々と世に出ています。わたしも昨年夏に「江戸川乱歩の世界を読みなおす」という講座を担当させていただきましたが、改めて乱歩の世界をみなさんと読みなおしてみたいと思います。
まずは〈乱歩と名古屋〉〈乱歩と東京〉などのテーマから、都市小説としての乱歩の魅力を改めて見直してみます。またそれに関連して、名古屋を舞台とした小坂井不木との交流や、『新青年』と大正モダニズムの中での乱歩の活躍など、乱歩の周辺にも視野を広げていきます。さらに小説や音楽など、乱歩の世界を〈リメイク〉した作品群にも焦点を当て、そこから逆に乱歩作品の世界の美や深みを理解してみたいと思います。なぜ後世の人々が乱歩に魅せられつづけるのかを、ぜひ一緒に考えていきましょう。(講師記)

※本講座は教室での受講も可能です。お申し込みはこちらから→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/389fa2ee-a1f1-4953-70bd-606c11ef2688

〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座(講師は教室)として開講します。Zoomは簡単にダウンロードでき、パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は朝日カルチャーセンター名古屋 【ng9info@asahiculture.com】 までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合は朝日カルチャーセンター名古屋 【ng9info@asahiculture.com】 までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

中途受講はできません

お申込みはお電話052-249-5553で

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 【ng9info@asahiculture.com】 までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2021/7/31, 8/21, 9/11
曜日・時間
土曜 13:30~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 11,055円 一般 11,715円
教材費(税込)
資料代 660円

講師詳細

長澤 唯史(ナガサワ タダシ)
1963年静岡県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻修士課程修了。豊田工業高等専門学校助教授、椙山女学園大学文化情報学部助教授などを経て、2008年より椙山女学園大学国際コミュニケーション学部教授。共著『日米映像文学は戦争をどう見たか』(金星堂)。論文"The Reception of American Science Fiction in Japan" (Oxford research encyclopedia of Literature,)、「ポストモダンはSFを夢みる ―SFをめぐる批評理論の概観」(『文学』第8巻第4号)。その他、『文藝別冊』(河出書房新社)にてロック、ポップミュージックに関する論考を発表している。