• 見学可

原書で読む「郷愁 ペーター・カーメンチント」

  • 提供:新潮社
  • 加藤 博子(南山大非常勤講師)
講師詳細

ヘッセ(Hermann Hesse 1877-1962)の代表作の一つを、翻訳と合わせつつ、ゆっくり繙いてみませんか。かつては大学でよく読まれていた作品なので、詳しい対訳本もあります。落ち着いた知性ある若者の瑞々しい青春を、薫り高い文章で追体験してみましょう。騒々しく愚かな現代社会では、そういう時間こそが珠玉の宝です。 (講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました

注意事項

※4/18、5/16休講⇒7/4・18(土)10:30~12:00、⑨教室で行います。

日程
2020/4/4, 6/6, 6/20, 7/4, 7/18
曜日・時間
第1週・3週 土曜 10:30~12:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 11,550円 
教材費(税込)
教材代 825円
設備費(税込)
825円

講師詳細

加藤 博子(カトウ ヒロコ)
文学博士(名古屋大学)。
南山大学、愛知大学、岐阜大学非常勤講師。
専門は、哲学、美学、独文学を中心としたヨーロッパ語系文学。
映画、人形、アニメーション、マンガなどを題材として、
親しみやすい市民向け講座を各地で開いている。