秘仏秘宝の見どころ ~京都非公開文化財特別公開

  • (大徳寺)重文 法堂 狩野探幽筆天井画龍図
  • 後藤講師
  • 後藤 由美子((公財)京都古文化保存協会常務理事兼事務局長)
講師詳細

6月5日(金)~6月21日(日)の特別公開を前に。この春のテーマは「長谷川等伯と狩野派」。 エピソードも満載。聴いて訪ねれば、味わいと感動がひときわ。
*文化財公開日が変更となりました。ご注意ください。

お申し込み
日程
2020/4/16
曜日・時間
木曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 1,100円 一般 1,100円
設備費(税込)
165円

講師詳細

後藤 由美子(ゴトウ ユミコ)
1982年佛教大学文学部卒業。専攻は仏教文化。大学卒業後、京都府内の寺院や神社などの 文化財所有者で組織する公益財団法人京都古文化保存協会に勤務し協会が推進する文化財保護事業、文化財愛護普及啓発事業を担当。中でも春と秋、年2回の非公開文化財特別公開については、企画交渉から運営まで50回近く担い続けている。京都の寺社の信頼が厚く、寺社や関係者の協力を得ながら、文化財を守ること、その魅力を発信して文化財の重要性を継承していくことの意義を広く伝えている。京都府あけぼの賞受賞。佛教大学・京都西山短期大学非常勤講師。