かねさんの考古学推理帖 ~謎の”飛行物体”

  • 兼康講師
  • 兼康 保明(東海学センター理事)
講師詳細

「信貴山縁起絵巻」でよく知られる飛鉢(ひはつ)説話。僧が托鉢に使う鉢を飛ばし、供物を得るという伝説は形を変え、各地に残る。神通力を持った僧だけ得たという術の意味に考古学から迫ります。

お申し込み
日程
2019/10/26
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,750円 一般 2,750円
設備費(税込)
165円

講師詳細

兼康 保明(カネヤス ヤスアキ)
神戸市生まれ。関西大文学部史学科卒業。滋賀民俗学会理事、山の考古学研究会会員。著書に「考古学推理帖」(大巧社)「信仰の山を旅する」(近江文化社)など。