古典文学案内 ~日本霊異記
  • 教室開催

  • 大脇講師
  • 大脇 由紀子(愛知県立大学非常勤講師)
講師詳細

『日本霊異記』は正式名称『日本国現報善悪霊異記(にほんこくげんぽうぜんあくりょういき)』といい、日本に伝わっている「善」と「悪」の行為についての「現報」を語る説話をまとめているものです。その『霊異記』には不思議な「性」にまつわる説話がいくつもあります。中巻「僧をとがめたことと邪淫の行いとにより、悪病にかかって死んだ話 第十一」も現代でいうところのDV(ドメスティック・バイオレンス)夫が仏罰によって蟻に食べられてしまう説話です。このような説話の時代背景はどのようなものでしょうか。皆様と読み解いてまいりたいと思います。(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2022/3/10, 3/24, 3/31
曜日・時間
木曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 一般 9,570円
教材費(税込)
教材代 165円
設備費(税込)
495円

講師詳細

大脇 由紀子(オオワキ ユキコ)
三重県生まれ。中京大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程(後期)満期退学、博士(文学)。美夫君志会常任理事、古事記学会理事。著書に『徹底比較 日本神話とギリシア神話 (学びやぶっく)』(明治書院)『古代朝鮮神話の実像』(新人物往来社)など。