古墳黎明期の謎~4世紀「前方後方墳」を探る

  • 赤塚次郎講師
  • 奈良県・新山古墳
  • 赤塚 次郎(古代邇波の里文化遺産ネットワーク理事長)
講師詳細

古墳時代の初めにだけ造れた前方後方墳。前方後円墳ではないもう一つの墳墓のカタチ。それはどこに存在し、その歴史的な意味する事とは何なのか。なぜ「前方後円墳」ではなく「前方後方墳」なのか? 摂津、河内、山城、大和に存在する「前方後方墳」を取り上げ、どのようなストーリーが存在するのかを一緒に考えてみたい。

お申し込み
日程
2021/9/1
曜日・時間
水曜 10:00~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,740円
教材費(税込)
教材代 110円
設備費(税込)
165円

講師詳細

赤塚 次郎(アカツカ ジロウ)
1954年、愛知県犬山市生まれ。1979年、奈良教育大学教育学部卒。狗奴国論をはじめとした弥生・古墳文化を研究。元愛知県埋蔵文化財センター副センター長。現在はNPO法人古代邇波(ニワ)の里・文化遺産ネットワーク理事長。名古屋経済大学特任教授。