• 見学可

三蔵法師たちが伝えた仏教

  • 玄奘と大雁塔(西安)
  • 齋藤 滋(名城大非常勤講師)
講師詳細

「三蔵法師」といえば『西遊記』に登場する玄奘のことと思われがちですが、玄奘以外にも「三蔵法師」と呼ばれる多くの僧侶がいます。仏典を翻訳し中国仏教の礎を築いた三蔵法師たちの足跡をたどってみたいと思います。
第1回 三蔵法師と仏典の翻訳
第2回 羅什三蔵、真諦三蔵、玄奘三蔵など
第3回 義浄三蔵、般若三蔵、不空三蔵など

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/7/2, 8/6, 9/3
曜日・時間
木曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 
教材費(税込)
教材代 165円
設備費(税込)
495円
その他
毎回プリントが出ます。

講師詳細

齋藤 滋(サイトウ シゲル)
1970年千葉県生まれ。國學院大學文学部、駒澤大学仏教学部卒業後、名古屋大学大学院文学研究科修了。博士(文学・名古屋大学)。専攻は仏教学。ワシントン大学(シアトル)で研究に従事した後、独立行政法人日本学術振興会特別研究員を経て、現在、名城大学、名古屋大学で非常勤講師。著書に「Indian Philosophy and Text Science(インド哲学とテキスト科学)」(共著)、論文に「三十七菩提分法の成立について」など。東海印度学仏教学会賞受賞(2008年)、日本印度学仏教学会賞受賞(2011年)。アジアの宗教文化や東洋の占いについても市民向けに講演活動を行う。