古文書で読む 光秀・義昭・信長

  • 明智光秀坐像
  • 萩原 淳也(歴史研究者)

大河ドラマ「麒麟がくる」に登場する明智光秀や足利義昭、織田信長は実際のところ、どのような人物だったのでしょうか。
本講座では、彼ら三者の残した古文書を読むことで、戦国末期の雰囲気や彼らの置かれた立場などについて考えを深めていきたいと思います。
(ちょっと戦国時代を楽しんでみたい方、まったく歴史を学んだことのない方など幅広くすべての方を対象とした1回限りの講座です。)
(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2021/1/29
曜日・時間
金曜 13:15~15:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,310円 一般 2,750円
設備費(税込)
165円