浮世絵で見る江戸のくらし 【Zoom視聴】 オンライン講座

  • 講師蔵
  • 講師蔵 
  • 深谷 大(日本文化研究者)
講師詳細

浮世絵や錦絵を観る楽しみが、歌舞伎役者や浄瑠璃だけではもったいない。江戸の戯作絵本の挿絵などは、庶民のくらしが垣間見ることができ、大変面白い。絵の中の文字(くずし字)の読解もこころみる。

※Zoom操作が難しい方は、朝日カルチャーセンター名古屋教室にて、リアル配信をスクリーン投影でご視聴のコースもあります。詳しくは、お問い合わせ願います。℡052-249-5553

中途受講はできません

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。(万一、キャンセルは初回の4日前までに電話でご連絡願います)
・Zoomでリアルタイム視聴される場合は、 必ずソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
・資料はありませんが、受講の方へ1週間の視聴限定で、後日授業のアーカイブ動画を配信予定です。

日程
2021/1/24
曜日・時間
日曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,640円 一般 2,640円
持ち物など
※お申込みはWeb決済のみとなっております。

講師詳細

深谷 大(フカヤ ダイ)
早稲田大学演劇博物館招聘研究員。中京大学文化科学研究所特任研究員
東京都に生まれる。
早稲田大学文学部で日本伝統芸能の研究に着手し、同大学院文学研究科博士後期課程を修了する。専攻は、江戸時代を中心とした日本文化(芸能・文学・美術)。
平成18年、浮世絵の開祖・岩佐又兵衛と浄瑠璃の発生に関する研究により、早稲田大学から博士号を授与される。
平成25年春にサントリー美術館で開催された、歌舞伎座新開場記念展覧会など、様々な展覧会の企画に携わる。
現在、早稲田大学演劇博物館招聘研究員、中京大学文化科学研究所特任研究員。
中京大学、愛知淑徳大学、横浜国立大学、などで講師をつとめる。岡崎市の浄瑠璃イベントに関わるなど、名古屋を中心に愛知県と縁が深い。
主要な著書に、『岩佐又兵衛風絵巻群と古浄瑠璃』(ぺりかん社、2011年)、『さし絵で楽しむ江戸のくらし』(平凡社新書、2019年)、『江戸人物読本 近松門左衛門』(ぺりかん社、1991年)などがある。