古代エジプトのミイラと埋葬習慣 ツタンカーメン王からローマ支配時代まで
  • 教室開催

  • 河合望先生
  • ツタンカーメン王の黄金のマスク
  • 河合 望(金沢大教授)
講師詳細

本講座では、古代エジプトのミイラ製作と埋葬習慣についてツタンカーメン王の生きた新王国時代からローマ支配時代までの変遷について解説します。講師のエジプト、サッカラで発見したローマ支配時代のカタコンベ(地下集団墓地)や講師が監修する「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」(2022年2月5日から神戸市立博物館にて開催)の展示品の紹介を交えた内容を予定しております。
(講師記)

10月3日、13:30~17:00 宮川創先生『古代エジプトとコプトの言語と文字の歴史』
11月7日、13:30~17:00 河江肖剰先生『本当のギザの大ピラミッド〜 カフラー王の挑戦』
11月14日、15:45~17:15 森島邦博先生『宇宙線イメージングによるクフ王ピラミッド内部の新空間の発見』
1月16日、13:30~17:00 河合望先生『古代エジプトのミイラと埋葬習慣~ツタンカーメン王からローマ支配時代
まで』※日程変更致しました。

お申し込み

注意事項

※エジプト講座は13:30~と15:30~の2コマ講座で、途中休憩がございます。

日程
2022/1/16
曜日・時間
日曜 13:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,040円 一般 7,590円
設備費(税込)
165円

講師詳細

河合 望(カワイ ノゾム)
1968年東京生まれ。金沢大学新学術創成研究機構教授。
早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。米国エジプト調査研究センター特別研究員、ユネスコ(国連教育科学文化機関)コンサルタント、早稲田大学非常勤講師、早稲田大学理工学術院総合研究所客員准教授、早稲田大学高等研究所准教授、カイロ・アメリカン大学客員教授、金沢大学新学術創成研究機構准教授などを経て2019年より現職。専門はエジプト学、考古学。30年以上にわたりエジプトでの発掘調査、保存修復プロジェクトに参加。
 主な著書・訳書に、『古代エジプト全史』(単著、雄山閣、2021)、『ツタンカーメン 少年王の謎』(単著、集英社新書、2012)、『オリエント古代の探求』(共著、中央公論新社、2021)、『イスラームは特殊か 西アジアの宗教と歴史の系譜』(共著、勁草書房、2018)、『古代エジプト』(共訳、岩波書店、2007)など。