• 見学可

「風姿花伝」で読み解く能・狂言~「色彩」編

  • 林 和利講師
  • 林 和利(伝承文化研究センター所長、文学博士)
講師詳細

世阿弥の「風姿花伝」をわかりやすく読解し、そこに説かれている理論に基づきながら、能と狂言を鑑賞する講座です。
今期からは、「色彩 」テーマにした演目を取り上げます。それぞれ台本を通釈したうえで、ビデオ映像によって鑑賞します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/7/11, 7/25, 8/8, 8/22, 9/12, 9/26
曜日・時間
第2週・第4週 土曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 12,540円 
教材費(税込)
資料代 396円
設備費(税込)
990円
持ち物など
新型コロナウィルス予防措置のため3/14を休講分を
→夏学期の7/11・25、8/8を30分前倒しで10:00~12:00開講で振替です。
注)受講券には、10:30~12:00で表記されます。

講師詳細

林 和利(ハヤシ カズトシ)
文学博士。1952年兵庫県篠山市生まれ。早稲田大学で国文学・演劇学を学ぶ。研究領域は能・狂言を中心とする日本の古典演劇。博士論文は「能・狂言の生成と展開に関する研究」。中世文学と日本文化全般が守備範囲。東京時代、野村万作師に入門して狂言の実技を習う。著書に「なごやと能・狂言」(風媒社)など。名古屋の狂言の活性化のために尽力し、自称「名古屋の狂言の応援団長」。