【WEB割】哲学的思考の原点、古代ギリシャ哲学とは何だったの… 【オンライン受講】
  • 教室・オンライン同時開催

  • アテナイの学堂(画ラファエロ・サンティ)
  • ソクラテスの死(画ジャック=ルイ・ダヴィッド)
  • プラトン
  • 小澤 克彦(岐阜大名誉教授)
講師詳細

近代以降20世紀半ばまで、「物事の本質」を考えようとした人々はその思考の基盤をギリシャ哲学に求めていました。マルクスもニーチェもハイデガーも、でした。しかし20世紀後半から人類は「本質を考える」などは無意味として「現象・具体物」だけが思考の対象とされました。しかし、それでいいのか・・・。もう一度「物事の本質を考える」ということの意味を古代ギリシャ哲学に戻って検証していきます。
◆6カ月講座全12回の後半6回分です。

【カリキュラム】
(↓4~6月分)
1、自然学の発祥のその意味
2、タレス系譜とピュタゴラス系譜
3、ソクラテスの登場「愛知・哲学」の誕生
4、ソクラテスの哲学的意味
5、プラトンの人間論
6、プラトンのイデア論
(↓7~9月分)
7、プラトンの国家論
8、アリストテレスの人間論
9、アリストテレスの存在論
10、アリストテレスの倫理学
11、アリストテレスの政治学
12、アリストテレス以降、ヘレニズムの哲学

〈ご案内事項〉
・オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
・本講座は後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はng9info@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

【WEB割キャンペーン対象講座 6/30まで】定員に限りがあります。
満席の場合はこちら:https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/2c3c5de3-d3af-7524-b873-645b51342886

・オンライン受講を承ります。教室受講はリンク先よりお申込みください→https://www.asahiculture.jp/course/nagoya/b30a66fb-6deb-4547-22b0-6431201b289f
・本講座はZoomウェビナーを使用したハイブリッド講座です(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、ng9info@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2023/7/6, 7/20, 8/3, 8/17, 9/7, 9/21
曜日・時間
第1・3 木曜 13:00~14:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 13,662円 
設備費(税込)
990円

講師詳細

小澤 克彦(オザワ カツヒコ)
東京都出身。東京都立大学大学院、哲学専攻博士課程満期退学。現在、岐阜大学名誉教授。専門領域「哲学、思想史、神話・宗教、宗教文化史」。現地主義を徹底し、毎年のように西洋・中東を探訪している。