• 見学可

「肖像画」のひみつ
  • 教室開催

  • ダヴィッド《サン=ベルナール峠を越えるナポレオン・ボナパルト》1805年、リュエイユ・マルメゾン、マルメゾン城
  • 小野 康子(名城大学非常勤講師)

写真の無かった時代、肖像画とは自分または誰かの似姿を形のあるものとして残したいという願望を叶えるものでした。為政者の肖像画から私的な肖像画、団体を描いたものから画家自身を描いた自画像まで様々なタイプがありますが、果たして本人にどこまで似ていなければならないのか、どのようなシチュエーションで描かれるべきなのか…。画家の行った工夫や葛藤について、様々な作例を鑑賞しながら紹介していきます。(講師記)

1月23日 写実と理想の間の肖像画
2月27日 集団肖像画
3月27日 画家の自画像

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

残席わずか
日程
2023/1/23, 2/27, 3/27
曜日・時間
第4週 月曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,250円 
教材費(税込)
教材代 330円
設備費(税込)
495円