• 見学可

渡来人から探る考古学~尾張編

  • 早野浩二講師
  • 初期須恵器
  • 早野 浩二(愛知県埋蔵文化センター)

古代、発展の大きな力となった渡来人。大陸・朝鮮半島からの影響を受けた5~7世紀頃、尾張地域にも彼らとの結びつきを示す痕跡が発掘されつつある。彼らはどこから来て、どのような活躍をしたのか。考古学の最新調査に基づき実像に迫る。
10/16(水)…『渡来人をめぐる考古学』土器と集落、儀礼と古墳
11/20(水)…『渡来人がいた?ムラ』~熱田台地の遺跡群
12/18(水)…『渡来人はどこへ?』~庄内川、勝川と志段味

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/10/16, 11/20, 12/18
曜日・時間
第3回 水曜 13:00~15:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,580円 
教材費(税込)
教材代 330円
設備費(税込)
495円