• 見学可

邪馬台国時代の東海の「モノ」語り~交流の軌跡を追う
  • 教室開催

  • 多孔銅鏃と東海地方
  • 早野浩二講師
  • 早野 浩二(愛知県埋蔵文化財センター)

2~3世紀、東海地方には邪馬台国にも対抗できる勢力が存在したとも考えられている。その勢力下には地域間の盛んな交流によって育まれた遺物が登場し、それぞれが独自の展開を遂げていたことも分かってきた。土器、金属器等の特徴ある「モノ」から激動と変革の時代を語る。
テーマ(予定)
1/22…時代を象徴する薄甕、“S字甕”の誕生〜伊勢「雲出川」と尾張
2/26…青銅器と鉄器〜「部族」のアイテム、銅鏃と鉄剣を中心に
3/26…製塩土器の伝播〜大阪湾と三河湾の「首長間」ネットワーク

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2022/1/22, 2/26, 3/26
曜日・時間
第4週 土曜 10:00~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,570円 
教材費(税込)
教材代 330円
設備費(税込)
495円